FrontShot の使い方

基本的な使い方

(水平面・垂直面・傾斜面)

 

水平面

テーブル・地面・天井など水平面の対象物を撮影するモード。

基本的な使い方

  • 画面右上の「水平面」を選びます。

  • カメラを向けるだけで正面が写ります。(図解を見る)

  • 撮影します。

便利な機能

  • 「傾き補正」

画面右上の「傾き補正」をONにすると、傾きが検出され傾きのない画像になります。

  • サイズ指定

サイズが決まっている場合は、「サイズ」アイコンでサイズを指定すると、画面がそのサイズの縦横比になります。

  • 「4辺 傾き補正」

次の画面で「4辺 傾き補正」をONにすると、4辺それぞれの辺に対して傾き補正がされます。

  • 色補正のモード

色補正のモードは「オリジナル」「明るさ調整」「ドキュメント」があります。書類などは「ドキュメント」にすると背景が白くなりきれいになります。

  • 「枠検出」

枠を検出できます。検出された枠が直方形になるように補正されます。枠検出は「トリミング」画面で指定します。

垂直面

壁面や壁面に貼ってある対象物を撮影するモード。

 

基本的な使い方

  • 画面右上の「垂直面」を選びます。

(自動の場合)

  • 画面右上の向きを「向き 自動」にします。

  • カメラを向けるだけで正面が写ります。

  • 撮影します。

※ 自動は縦や横の線を認識して向きを計算しています。縦や横の線がない場合は手動で行ってください。

(手動の場合)

  • 画面右上の向きを「向き 手動」にします。

  • 画面右下の「向き指定」を押し、iPhone を面の方向に直角になるように向け「向きを決定」ボタンを押します。(図解を見る)

(iPhone を向ける方向は、見たい方向でなくその面に直角になるように向けます)

  • カメラを向けると正面が写ります。向きが少しずれている場合は、画面を左右または上下にスワイプすると微調整ができます。

  • 撮影します。

便利な機能

 
  • 「鉛直」機能(まっすぐにする機能)

「鉛直」をONにすると、傾きのないまっすぐな画像が得られます。

  • 90度方向に向きを変える

手動の時に 90度方向に向きを変えるには、画面の左または右の辺をタップすると、90度方向に向きが変わります。

  • 「4辺 傾き補正」

次の画面で「4辺 傾き補正」をONにすると、4辺それぞれの辺に対して傾き補正がされます。

傾斜面

傾斜がある対象物を撮影するモード。

 

基本的な使い方

  • 画面右上の「傾斜面」を選びます。

(自動の場合)

  • 画面右上の向きを「向き 自動」にします。

  • カメラを向けるだけで正面が写ります。

  • 撮影します。

※ 自動は縦や横の線を認識して向きを計算しています。縦や横の線がない場合は手動で行ってください。

(手動の場合)

  • 画面右上の向きを「向き 手動」にします。

  • 画面右下の「向き指定」を押し、iPhone を縦向きにしてその面に合わせ「向きを決定」ボタンを押します。(図解を見る)

  • カメラを向けると正面が写ります。向きが少しずれている場合は、画面を左右または上下にスワイプすると微調整ができます。

  • 撮影します。

便利な機能

※ 傾斜面の便利な機能は、垂直面と同じです。

図解

 
 
 

© Rivac Co.,Ltd. All Rights Reserved.